伝統とは革新の積み重ねであり伝承ではない

農業でもものづくりでも伝統という言葉をよく聞きます
「伝統野菜」
「伝統工芸」
など

でも伝統ってなんなのでしょうか?

世間一般に【伝統】というと
守るべきもの
繋げるもの

というイメージがあるような気がします

受け継がれてきたのだから
自分で途絶えさせることなく
受け継いできた内容がいささか不便であったり
いささか時代にマッチしていなかったとしても
次の世代へ
後世の日本へ
流れを続けていかなければいけない

世間的にはなんとなくそんな気がしてなりません

仕事柄農業だけでなくものづくりにも顔を出している今日この頃ですが
現場の方々と話をしていたり
見させていただくと
伝統って言葉はそもそも邪魔なのではないかと思っています

それは
守り受け継ぐ者ではない
からです

猿楽といわれる演劇の世界に生まれ
父の革新性と本人の斬新性により「能」という演劇をつくりあげた世阿弥
彼の言葉の1つに
「住する所なきを、まず花と知るべし」
という言葉があります
これは
「そこに留まり続けることなく変化していくことこそが芸術である」という意味です

それまで猿楽という世界の中から
父・観阿弥が全く新しい世界の扉を広げました
そして世阿弥がそれを体系化していったのです
その際に彼は秘伝書とも言えるべきものを書きしるし
血族ではなく優秀な者がそれを見て「能」ができるようにとされたそうです

さて
世阿弥は「能」を守るために書いたのでしょうか?
私はそうは思いません
彼はこれまでになかった全く新しい世界を創り出し
一方でそれがしっかりと構築されるには
多くの人々に定着させていく必要があると考え
次の世代へとバトンタッチをしていったのだと思います

そしてそれは完成品ではなくあくまで未完成というものを受け渡し
優秀な後世の者がそこに新しい色をつけていってほしい
そう考えていったのではないでしょうか?

伝統野菜
伝統工芸

これらは先駆者が後世になんとしても残したいが為に生み出したのでしょうか?
違います

例えば
伝統野菜
これは徳川幕府時代に三代将軍家光が行った参勤交代によって
全国の農産物が江戸に集まり(各大名屋敷でもつ畑で育てていた)
その中で環境適応を起こして変化をしたり
違う地域の野菜を気に入って本国に持って帰り
そこで環境適応を行い生み出されたものです

伝統工芸品も
身の回りの素材を活かして生活に役立つものを作っていこうとした際に
適した素材と活かしやすい細工の掛け合によって
本人たちが必要とする生活雑貨が生まれていったものです

さて
これらは守るべきものなのでしょうか?
伝承すればいいのでしょうか?

違います

常に
好奇心をもち
これまでのものに少しでも新しい価値を追加して
革新に対して恐ることなく
止まることなく動き続けていった結果
カタチとなってきたのではないでしょうか

今、重みをましているように思える「伝統」ですが
伝承をするものではなく
もちろん途絶えればいいとか無くしていいと思っているわけではなく
今、関わっている方々が
自分の技術と叡智を活かして革新させていくことができるものではないでしょうか

400年前の江戸時代に
伝統野菜
とは呼ばれていないですよね
きっと
珍しい野菜
だったはずです

明治時代に入ってきたトマト
まだまだ開発が続けられて
珍しいトマト
が生み出されています
400年後に伝統野菜として残そう
そんなことは考えていないと思うんですよね

私も
仕事をしていく中で
過去の成功体験や
達成したことを残す為に活動をするのではなく
積み重ねてきたものを常に良い意味で破壊していきながら
少しでも良いカタチへと高めていきたいと思っています

Union Square Green Marketへ行ってきました

昨年10月にニューヨークに仕事で行ける機会がありました。
その時に、街中をひたすら歩き続けて色々なものを見聞きしていたのですが
その中でも興味をひかれたのが

「ユニオンスクエア グリーンマーケット」

でした。

ということでその時のお話を

グリーンマーケット自体は
ニューヨーク州のいたるところで開催をされています

その中でも最大級の規模を誇っているのが
ニューヨークはマンハッタン島のど真ん中
ユニオンスクエアの公園を1/3程場所を使って開催している
このグリーンマーケットになります

毎週4回(月・水・金・土)も開催されており
しかも開催時間が08:00~18:00頃と長いようです

私が関わっているヒルズマルシェ(週1回/4時間)でも
継続して実施していくのは大変だと思うのに
この回数と時間は凄い!!と感じます
オペレーションも簡易化されており
・車を横付けして出店
・テントや陳列品などは全て出店者
・インフォメーションブースは1つで回せていける
となっていました

●全体の風景
公園の一角が所狭してテントが並んでいます
60店舗近くが出店しており1店舗毎見ていったらそれだけでも1時間以上かかる広さです
20131002_093811

●お店の風景
とにかく、様々なものが販売されていて
歩いて見ているだけでもとても楽しくなってきます
語るよりも写真の方がわかりやすいと思いますので
撮影してきた写真を掲載します
野菜・肉・魚・花といったものから
パン・ジャム・ケーキなどの加工品
中には毛皮まで販売されていました

20131002_095228

20131002_095251

20131002_095257

20131002_095304

20131002_095338

20131002_095348

20131002_095354

20131002_095357

20131002_095402

20131002_095417

20131002_095425

20131002_095436

20131002_095443

20131002_095459

20131002_095514

20131002_095549

20131002_095558

20131002_095656

20131002_095848

20131002_095903

20131002_095916

20131002_100009

20131002_100429

20131002_100437

20131002_100444

20131002_100512

20131002_100550

20131002_100554

20131002_100659

20131002_100725

20131002_100802

20131002_100927

20131002_100936

20131002_100939

20131002_101011

20131002_101028

20131002_101035

20131002_101513

20131002_101554

20131002_101601

20131002_101614

20131002_101619

20131002_101638

20131002_101656

20131002_101836

20131002_101841

20131002_101853

20131002_101909

20131002_101926

20131002_102920

20131002_103026

●ココがPOINT●
 ・大都会のど真ん中で開催で客足は1日中途絶えることがない
 ・周囲に有名スーパーが2店舗と小さい商店が2店舗あるのにきちんと住み分けができているのかいずれにも集客がなされている
 ・毎週4日も公共施設で開催ができている
 ・テントなど必要道具は全て出店者が大型車で商品と運搬
 ・肉、魚などの食料品も販売しており生活に必要な食料品が揃う
 ・小さなオーガニックファーマーからメーカーまで出店しており多種多様な品揃え
 ・インフォ(主催者)はスモールサイズで運営できる仕掛けをつくっている

239万人?いや、8.6万人ですよ

日本に農家は何人いるの?

という話をよく聞きます。
厳密に言うと
農家=戸
という単位であり「人」ではない為
農家が何人
という質問自体がおかしいのですが・・・

といいつつも
これまたやっかいなのが
農林水産省では何をしたいのかしりませんが
農業者のくくりがとても複雑に分かれています

その中でも
一般的に農業者の数を表すときに使われているのが

農業就業人口

となります

この数字ですと
全国の農業従事者数は平成25年で239万人となっています

239万人もいるの?!
と思われる方もいるかもしれませんし
私自身も120万人程度でいいのでは?と思っています。
(その理由についてはまたいずれ・・・)

しかし、
もっと厳密に情報を整理してみていきましょう

1.農業を普段から仕事にしている=基幹的農業従事者
2.経営耕地面積が一定以上=販売農家

という2つのスクリーニングをかけていった時に
今の農業の労働力の実態が見えてくるのかなと思います

さて、その図がこちらですがどうでしょうか?

日本が高齢化社会になっているというのとかなり近いですが
それよりも異常なほど年齢が上にいくにつれ裾野が広がってきています
若手が少ないというのがよくわかってもらえると思います

数字をもっとみていくと
販売農家でかつ基幹的農業従事者
全体数:174万1,800人

となっています

このうち
60歳以上が133万2,900人

全体の76.5%となっています

一般的な企業で定年する年齢が60歳と考えた場合
定年退職前の労働人口と考えると40万8,900人しかいません

さらに
私が普段の活動で一緒に活動をしたり
メインで応援をしている対象で考えている
39歳以下の農家は
わずか、
8万6,000人
しかいないのです!

この分布図は
このまま高齢者が引退したりされていくことはわかりますが
若手農業者はさほど入ってきていません

ここ数年は
農業就業人口だと年間で約10万人純減で推移している傾向です

総所得590万円

100万円以下の売上60%
など
いろいろな数字があるにせよ

これから若い農業者の参入がとてつもなく重要になってくることは間違いない!!

10年後にこの8.6万人が20万、30万という数字になっていかなければ
いくら規模拡大をして農業経営力をしっかり高めることが重要だと
安倍首相がお話をされていても

農業を魅力ある産業として捉えられて希望者が増えるのが先か
なんとか若手農業者を増やして魅力ある産業にしていくのが先か
どちらも重要でありGOALが同じことだとしても
その優先順位の考え方1つでこれからやるべきことが変わってきますね

【用語解説】
●農業就業人口:15歳以上の農家世帯員のうち、調査期日前1年間に農業のみに従事した者又は農業と兼業の双方に従事したが、農業の従事日数の方が多い者
●基幹的農業従事者:農業就業人口のうち、ふだんの主な状態が「仕事が主」の者
●販売農家:経営耕地面積30アール以上又は農産物販売金額が年間50万円以上の農家
●農家:経営耕地面積が10アール以上の農業を営む世帯又は農産物販売金額が年間15万円以上ある世帯

1 20 21 22 23 24