プロデューサーが考える3つのマルシェの楽しみ方

LINEで送る
[`evernote` not found]

こんにちは

プロデューサーの脇坂です。

TBSテレビ「白熱ライブビビット」でもマルシェについて取り上げていただきましたが、

出店希望の方に向けては、マルシェというのはこういう意味があるのかなというのはよく考えていますが、

せっかくの機会をいただいたので、改めてお客様がマルシェで何を楽しめる?というのを考えてみました。

 

結論としては、「毎日の食事がもっと楽しくなる」に尽きるのですが、

理由をあげるならこの3つ!

 

1.「鮮度=美味しさ」

農産物の作り方やこだわりなどはもちろん美味しさの違いに挙げられますが、同じ農産物でいうとすれば【鮮度】が一番味に直結します!農作業体験を経験したり、摘み取りを経験されたりしたことがある方は、畑でとってすぐ食べる美味しさに驚くことが多いのではと思います。その理由は環境や体験といった要素もありますが、なんといっても鮮度が違うからです!

野菜や果物も生きていますので呼吸をつづけております。でも、収穫されてしまったので栄養成分をとることはできません。そうすると、体内に残っている栄養成分で生きていこうとするのです。収穫してから日にちがたてばたつほどに当然、貯蔵されていた栄養成分は失われていきます。

マルシェでは、その日の朝や前日に収穫された農産物を販売しに来てくださる農家さんがいらっしゃいます。

そうした農家さんの持ってくる野菜はもちろん鮮度抜群!美味しさの秘訣の1つにつながります。

※販売されている農産物=鮮度抜群とは言い切れないのでご注意を。

 

2.「会話=美味しさ」

マルシェの醍醐味の1つが、お店の方との会話にあります。

スーパーなどでは、表示されている情報からしか判断が出来ませんので、どうしても見た目が同じなら、と価格が安い方を選ぶことが多くなってしまいがちですよね。

マルシェでは、つくりてが直接持ってきて販売してくださったり、しっかりと商品について説明が出来る方が販売されていることが基本ですので、何がおすすめなのか、どう違うのかを会話することで購入した商品は、自宅で使うときにもそのこだわりやお店の方を思い出すことで、食事が楽しくなってきますよ♪

また、弊社がメインで実施しているヒルズマルシェのようなところでは、

毎週開催になりますので、リピーターになっていくと食べた感想を伝えることも楽しさの1つになってきます。

 

3.「選ぶ=美味しさ」

鮮度や会話といった美味しさにつながる商品やお店がたくさん並ぶマルシェでは、

慣れないうちはどこで買ったら良いの?普通に売っているのと違うの?と不安が多いかもしれませんが、

実は多くのお店から自分のお気に入りの農家さんやお店の方、商品を見つけ出すのも美味しさにつながる1つだと思っています。

今週はこれが見つけられて楽しかったし、食べて美味しかった!

来週はどんな商品が来るのかな?何を会話しようかな?

と日々の生活の中にマルシェが入ることでこうした会話やお店、商品を選ぶことが食卓への美味しさにつながっていきます。

 

是非、都内をはじめ全国で広がりを見せるマルシェを楽しんでみてください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です