GOALの設定方法でやることは変わるが、GOALの目指し方は無数にあるということ

LINEで送る
[`evernote` not found]

1月は来期の事業固めでバタバタしていることが多いのですが
ありがたいことに一昨年から地域の活性化へ向けたプロジェクトをプロデュースさせていただいております。

頂いた案件をまず噛み砕くことから始まるのですが
まず大事なのはGOALをつくることです

最初に依頼された内容を確認していきつつも
依頼者や現場の方々とお話をしていくと
言われていることと本当に求めていることが違うことがあります
違うといっても的外れということではなく
その先にあることが多いのです

ま、よく聞く若者のセリフで
「起業したいんです!」
と言う若者がいますが、
本当に【起業】がGOALなのか?!
と突っ込みたくなりますよね

株式会社つくりたいなら書類書いて30万用意したら誰だってつくれますから
お~!社長になったぞ~!!
って思ってGOALなのでしょうか?

っと話がそれました
そこまで極端にわかりやすければいいのですが
表面的な言葉やデータを鵜呑みにしていると見落とす可能性があります

例えば
○○市で就農者を増やしたいので手伝って欲しい
と言われたとします

GOALは就農者の増加なのでしょうか?

「何故就農者を増やしたいのですか?」
とまぁ尋ねますよね
「地域から人が減り、かつ高齢化が進み後継者もいないんです」
と言われるとしましょう
さて、GOALはなんでしょうか?

私にはこの段階ではまだまだ分かりません

なぜなら、ここまでの話だけなら
人が減ったから長く生きてくれる人間がいればいい
という解釈もできますよね?

またどこからの依頼なのか

というのも重要です
行政?事業者?市民?
それによっても解答が変わってきます

業者なら税収があげたいのかな?
事業者なら取引先が減ることがこまる?
市民なら田舎を守りたい?
など連想がどんどんでてきます

なので私が重要視するのが「声」です

現場の方々が本当に何を望み何をしたいのか
それを拾っていくことでイメージを膨らませます
ただ、声といっても鵜呑みにするということでもないです

さてそうしたい声からイメージをふくらませ
GOALを想定してあげて
提案してみてずれていないかの確認
となります
ここまでくるとようやく出番がある可能性がでてきますね

そして議論を交わしながらより精密なGOALを設定したとします

さてGOALにたどり着くにはどうしたらいいですか?

進むしかないですよね?

GOALが決まると議論はわりと白熱してしまうものです
そうすると
「これがいい!」
という正解のように感じるフレーズやカタチが何となく見えてきてしまいます
そして実践してみたらどうやら違うようだぞ?
ということもしばしばあります
もちろんもっと議論を重ねて精度をあげていくことが何より重要なのですが
勢い、進むこともありますよね

そしてやってみて
・・・?違うかな?・・・
と思ってしまったとしても
GOALに到達しないわけではないのです

山を想像してみてください
頂上は1つです
しかし頂上へと続く道が1本しかないということはありません
それは大きな道ではなく獣道かもしれません
それよりもっと険しい道かもしれません
それでもGOALへと辿り着く方法は
一旦戻ってみて周囲をよく見渡して
そして観察すれば見えてくるものです

イメージしていたプロセスとは違うかもしれません
ただ、GOALへ向かうことが重要ならそれは進むべきです

このように
GOALの設定はとても重要ですし
GOALへの登り方は無数にあるものです

そして
もしGOALが間違っていたと思えば
正しいGOAL(山)を見つけ
その頂上を目指せばまたいいのです

何をしてもGOALをすればOKということではありません
ルールやモラルは守りつつ
それまで当たり前のように思っていた道ではないルートがそこにあるかもしれず
そして誰も見たことが無い頂上を見つけることができるかもしれません
それがイノベーションですよね

地域の様々な課題に対して
様々なイノベーションを起こすことができれば
きっともっととても楽しいはず

さて
今年もGOALの設定とGOALまでの道づくりをしていくぞ~!
登るのは私ではなく当事者ですけどね