【代表ブログ】農家らと会社をつくってみた件②~事業&成長編~

前回のブログでは、株式会社東神楽アグリラボを設立したきっかけについて書きました。
今回は、その会社の第1弾事業、HAL・Marketについて書いていきます。

▼2017年6月に開業したHAL Market(ハル・マーケット)
※下の写真は2期目の店舗の開始時の様子(撮影2018年5月)

第1弾事業で考えたコト、達成したいと思ったこと

経営者としての成長を目指す株式会社東神楽アグリラボとしての最初の事業は、八百屋の経営です。

その理由は、
出資者の農業者に、「流通経路や価格形成の仕組み、価値の見せ方などを体感してほしい」と考えたからです。
稲作中心の農協出荷形態の場合、農家が向き合う日々の相手はJAとなります。
よく言われる話ですが、そうすると出荷した農産物がどこへ流通して、いくらになって、誰が食べたか分かりません。
流通経路としてこのJA出荷のスタイルに私は否定的ではありません。

ただ、経営者として、JA出荷だろうがそうじゃなかろうが、
流通・価格・価値への理解は深くしっておかなければ、
万が一何か既存の事業モデルに問題が生じた時に対処が遅れるかできないと考えています。
そのため、まずは地元で八百屋を経営し、これらを学んでほしいと感じました。

偶然にも、東神楽町には道の駅もJA直売所も無く、農家別に軒先直売所が十数件、
週3日午前中だけ営業する直売所があるだけで、
地元町民が気軽にいつでも地元の野菜を買える場所が存在しなかったこともあり、
事業としても勝算は十分にあると考えました。

何故、直売所ではなく八百屋なのか?

当店は「直売所」ではなく「八百屋」です。
メディアでの掲載でも絶対に直売所と表記をしないでほしいとお願いをしています。
そこの違いにどんなこだわりがあるのかと不思議に思われますが、お客様には何の関係もありません。
事業を行う我々が、直売所ではないというポリシーをもり事業をやっていることが、学びにつながるのです。

下の図に記載していますが、いわゆる一般的なJAなどが運営している直売所では、
販売店舗としてみた時に、商品構成や価格形成、訴求ポイントなどがコントロールされていないことが多いです。
その為、お客様も直売所=安いという認識がつき、結果として安物競走の場づくりになってしまっていることをよく見かけます。

弊社の場合は、あくまで「小売店舗」として、お客様に価値を届けたいと考えており、
その為に農家などから必要な農産物を仕入て販売しています。
もちろん、このお店側の経営者=出資・出荷農業者となっています。
野菜を出す側、仕入れる側、双方の視点から運営することで、より学びになるようにと考えています。

「価値」の出し方への試行錯誤

では、どんな価値をだすお店にすればよいのか。
事業開始前に出資メンバーに長い時間をかけて考え続けてもらったのが、この部分でした。
事業をやる際には、コンセプトが重要です。私の考えでは、「コンセプト=やる理由」です。
なぜ、それをやる必要があるのか?ここをしっかり決めていかなければいけません。
今回の八百屋をやる理由は最初の述べた通りですが、その次に大事なのは、
その八百屋でお客様に何を届けるか=価値提供となりますので、
その部分を時に夜中の1時過ぎまで会議をしながら知恵を出し合いました。
そうした中で出てきたのが「できたて野菜」をお届することでした。
そしてそれを基に、量り売りスタイル、野菜を美味しくする調味料などの展開へと続いていきます。

この価値を考えぬき、お店の軸にしたことで、
全員の中に八百屋をやる理由と八百屋で表現すべきことの2つがセットされました。
これらがぶれると、事業の向かう方向性や議論のようで議論ではない話し合いなどへ道がそれてしまいます。
また、例えばこうした価値をつくった結果、価値にあてはまらないことから当店ではドレッシングは一切扱っていません。

1年やってみたメンバーの感想

こうしたことを考えながら、事業をスタートさせ、もちろん事業スタート後も課題は常に起き続け、今なお課題はたくさんあります。
しかし、優秀なスタッフに支えられ、またSNSでの議論によって高速PDCAサイクルになるように議論が進みつつあり、
間違いなくどんどんと良いお店になっていってると思います。
もちろん、大勢が関わっているので、意見が食い違うことも多々あります。
しかし、コンセプトや価値がそもそも無く、ぶれぶれで進めてはいませんので、
前進をするための議論ができる場になってきているとうのも、学びであり成長ではないかなと思っています。

下の動画は、1年目の活動報告会の様子ですが、
メンバーで一番口下手な中村くんですが、しっかりと自分の考えを述べているので嬉しかったです。
活動報告会を開いたのも、この活動(起業から八百屋の経営)において、東神楽町をはじめ近隣市町村の多くの事業者、人々のご支援と声援があり出来上がったこともあり、そうした方々にお忙しい中ご出席いただきて、開かさせていただきました。

2年目開始、お店とメンバーのさらなる成長へ

1年目の営業を昨年11月7日に終え、活動報告会などを終えたあと、
隣町旭川市で開催された道北ビジネスプランコンテスト にエントリーしたところ、
最終審査プレゼンテーションに残り、大賞は逃したものの、会場にいた全員の投票で獲得する「来場者賞」を受賞いたしました。
弊社としては、お客様に評価を一番いただけたこともあり非常に自信につながる結果ともなりました。

そして、第2期は今年5月14日にOPEN。休みの間も含め、出資メンバーやスタッフらと会議を重ね、
昨年よりお店も広くし、アイテム数も増やし、スタンプカードや臨時土曜日営業など様々な工夫をして
より地域に求められるお店作り、学びと成長につながるお店作りへ向けて邁進していってます。

まだまだ課題も多く、理想のお店とはいえませんが、
昨年のリピーターの方もご新規のお客様も増えてきていますし、
何より近隣市町村の飲食店舗やペンションなども仕入に使ってくださるようになってきて、手ごたえをつかみつつあります。

もし、旭川空港へ降り立つもしくは乗ることがあれば、空港から車で15分ぐらいですので、立ち寄ってみてください。

【代表ブログ】農家らと会社をつくってみた件①~設立編~

農業地域での会社設立と事業展開は実に面白い!!

2017年5月1日
農業プロデューサーを務める、北海道上川郡東神楽町にて
東神楽町農業者や事業者と共同出資での会社
(株)東神楽アグリラボを設立しました。

この会社の主たる目的は
『人材育成』
です。

といっても、
事業としての人材育成 ×
会社組織=人材育成の場 〇
という考え方です

その背景には
東神楽町農業プロデューサーに就任して1年目
農業者とのヒアリングや交流会、セミナーなどでの気づき・発見がありました

東神楽町は、道内平均をみても後継者が農業に従事している割合も多く
事業モデルは、稲作中心+αの基本農協全量出荷が大半、
独自で新しい取り組みをしている農業者の方が少ないというよくある地域です。
ただ、北海道なので、親の年齢も若く規模も大きい為、経営としてのゆとりがまだある現状です。

そうした中で、後継者候補の若手農業者の方々へのヒアリングや交流を通じて話をしていくと
漠然とした不安があるような無いような、それが何かもわからない。
だから経営移譲前に何かやってみたいと思っているが、何をどうしたらいいのか分からない。
そうした声が多くありました。

そこで、それならば
・会社運営
・経営者視点
・他社との協働
などが実践型で学べる形になるような株式会社を設立し、
同社の運営によって「経営者」として学べる場にしてしまおうと考え
東神楽町で会社設立のプレゼンを行いました。

農業者だけでは、視点も成長も狭くなる為
事業者・町民にも間口を広げ、手をあげてくれた出資者(1口10万)の方々と
2017年5月1日に会社を設立をしました。
(この会社は役場の東神楽町農業プロデューサーの仕事とは切り離して実施)

誰かに言われたからでも
役場の事業だからでもなく
地域仕事でもなく
自分の判断と、
自分のお金と、
自分の時間を割いて
参加できる自由な場としてのスタートです。

地域で実施するプロジェクトの考え方は、
「成功はみんなの努力(成功体験構築)、失敗はプロデューサーの力量不足(再スタートの目をつぶさない)」と考えています。
ですので、今回の会社・事業で意見が割れたり、会社運営が座礁しそうな時に、船頭多くして・・・にならないように、
私が最終的な決議をとれるような形にもしました。(最大株主兼代表取締役会長)

※毎年追加出資者を募集している為、下記は2018年8月時点となります。

出資者確定から会社設立、第一弾事業展開までは、
会議を頻繁に重ねていき、スピード感よく進んでいき、
プレゼンから半年もたたずして
東神楽町農業者が経営する八百屋「ハル・マーケット」を開業しました

<スケジュール>
2016年4月 東神楽町農業プロデューサー就任
2017年1月 全体へのプレゼン
2017年2月 出資者締切・確定
2017年5月 会社設立(登記)
2017年6月 ハル・マーケット開業

▼会社設立から事業展開までのダイジェスト動画▼

第1弾事業の八百屋についてと出資者の成長についてなどは、
次のブログで書きますが、
この会社設立から1年以上が経過し、私自信が感じているのは

【私自身が一番学ばせてもらっている】

ことです。

大きくみても

1年で私が感じた5つのコト
● より深く、農業者や農村地域の課題や面白さが見えてきた!
● 「よそ者」のプロデュースでは経験が無い人では意味が無い!
● 地域でも、熱量のある活動には応援してくれる方は必ず現れる!
● 「知らない」からといって、「できない」ことはない!
● 都市部でなくとも「価値」を求めている消費者はいる!

など色々とありますが、一言で言ってしまうと
こうしたことを体感し、学ばせてもらっていることが大きく、
出資参画してくださっている農業者や事業者、
事業面で支援してくださっている企業や金融機関の方々へ感謝しかありません。

アグリラボと銘打った会社ですので、
参加者の成長につながる様々な挑戦を次々に展開していきたいと思います。

次回、農家らと会社をつくってみた件②~事業&成長編~について
具体的に書きたいと思います。

【代表ブログ】虎の威を借る狐、無名はブランドを借りてなんぼのPR

昨年度より、「東神楽町農業プロデューサー」を拝命し、活動をしております。

一番言われる質問は、「そこどこ?」です。

そう、知名度はほぼ皆無の北海道の市町村の1つなのです。

※ちなみに、住民の住みやすさや利便性などを測る指標では道内179市町村中3位ですから!!

さて、東神楽町ココです(旭川空港のある街です、というと何となく理解が・・・)

その東神楽町農業プロデューサーとしての活動として、5月19日・20日の2日間で

1)ヒルズマルシェ・ワテラスマルシェでのアスパラ販売

2)アスパラナイトvol.03

を開催いたしました。

 

目的は2つ

1)東神楽町や東神楽町農産物の美味しさをアピール!

2)東神楽町農業者に、東神楽町の価値や魅力を認識してほしい

 

東神楽町のメイン品目はお米、他に葉っぱ類などもありますが、今回選んだのはアスパラガス。

何故かというと、他の品目ではアピールにならないからです。

「東神楽町」の認知度が無い中では、

最終的に「東神楽町」につながるキーワードを投げかけていかなければいけません。

 

よく見るような、

「東神楽町から来ました!」と声をかけたり、パンフレットをひたすら配布をしても

右耳から入って左耳から通過するか、一瞬パンフレットに目がいくかになり記憶に残りません。

そう、東神楽町を何かと結び付けて印象をつけないことには意味が無いのです。

そして、それは街の今後の価値と紐づかなければいけないです。

●●が出身でいます!

とかをしたところで、それが歌手だろうがマンガ家だろうがその人一代限りのお話。

ということで、

農業の街である東神楽町の価値を最大限伝えるべく行うのに、

活用させていただいた「紐づける何か」

・北海道

・アスパラガス

の2つです。

北海道は、地域魅力度ランキングで8年連続1位とダントツの人気を誇り

アスパラは、旬と見た目の太さから美味しさ、しずる感が伝わるアイテム

 

この2つのキーワードをくっつけることで、ようやく東神楽町のPRができるのです。

 

実際に行ったマルシェブースをみていただくとわかりますが、基本全面にひたすらアスパラを陳列。

見た目の食べたい!買いたい!インパクト勝負です。

 

 

▼5月19日ワテラスマルシェのブース設計

▼5月20日ヒルズマルシェのブース設計

売り方としては、

「新鮮で美味しい北海道産のアスパラガス」の一点勝負です。

はい、販売時に余計に東神楽町とか言いませんし要りません(笑)

完全に虎の威を借る狐戦法です

しずる感溢れるアスパラガスに近づいてきて、北海道産ということでさらにぐぐっと興味をひき

購入しようとする、もしくは購入してくれる方に対して、「東神楽町から直送なんです」と伝えます。

2つのブランドからの東神楽町PRでいいのです。

そうすると、そこでお客さんは「どこ?」となるので、そうすると下記のパネルが力を発揮!

旭川空港がある場所で旭川市と隣接してるんです。

とパネルを差しながら伝えると、購入する(したい)=興味関心がある=そこに刷り込む

ことにつながるので、印象付けは強くなると考えています。

パンフレットも無理に渡さなくてもここまでの流れの中で自らとっていってくれます。

さらに興味を持ってくれる方や詳しく知る、購入動機を高める用にこちらのパネル。

雄大な大地を背景にしたアスパラの写真で、大自然やアスパラの収穫方法を知ってもらうのと

90日「しか」という書き方で非常に短い期間しかとれない、限定感を演出です。

ここまで仕込みが出来ていれば、販売現場としては完成で、

ワテラスマルシェでは30kgが2時間半で完売しました。(倍ぐらい用意しておけばよかったと後悔)

 

後は、家で食べてもらって「美味しい!!」と絶叫する中で、

家族との会話で、どこのアスパラなの?となり、東神楽町という名前が出てくれば刷り込みは完了。

特に観光地があったり、有名な農産物があるわけではないので、

それ以外に東神楽町の名前を聞く機会はほとんどないかもしれませんが、

ふとした時に北海道・美味しいアスパラと紐づいていれば、記憶が蘇るのも簡単だと思ってます。

 

 

さらに、そのディープな刷り込みイベントがもう1つのアスパラナイトです。

東神楽町で朝収穫したばかりのアスパラガスを飛行機で持ってきて、夜に都内で食べるというもの。

先ほどの「北海道」「アスパラ」にさらに、

ほぼ現実的には出来ない「北海道から朝収穫」という虎の威を借りてのイベントです。

毎年リピーターいるこのイベントで実施するのは、

1人あたり約500gも用意しているアスパラをただひたすらに食べる、食べる、食べることです!

毎年、参加者には非常に好評で、年に1回しか実施しないため、昨年不参加から満を持しての今年参加

という嬉しいかがたもチラホラ。

みなさん困ったことに他のアスパラが1年間食べられなくなるという病もしくは呪い?にかかります。

そして、言っていただくのが、

「もっと他の品目でも東神楽町をアピールするこういうイベントやったらいいよ」

という投げかけ。

そこなんです!

確かに1年に1回では刷り込みも弱い!

しかしここで、調子に乗りじゃあとお米や他の野菜で実施をしよう!となっても

マルシェ販売でのPRもアスパラナイトのようなフードイベントも、販売・集客で成立しないです。

それは、冒頭にも述べた、

「どこ?」と言われるレベルの知名度しかないからなのです。

これが美瑛・富良野と東神楽町付近の有名な街ならまだやれますが、東神楽町ではまだ早いのです。

ですので、

地域の知名度を正しく把握したうえで、東京でPRなどをしたい場合は、

虎の威を借る狐戦法から入っていき、ゆくゆくは虎になるべく活動をしていく必要があると思います。

その為、目的の2つ目にも書いた、

2)東神楽町農業者に、東神楽町の価値や魅力を認識してほしい

という部分にある通り、こうした活動をきちんと地元の農業者や行政にも報告をしていかないと、

「予算があるからやった」というだけの無味無臭な活動に陥ってしまうと思います。

 

さてさて、何年後に東神楽町が虎になれるのか、東神楽町農業プロデューサーとして頑張ります!

 

1 2 3 14