農業プロデュースにとって「マルシェ」という場は・・・

LINEで送る
[`evernote` not found]

事業の1つ「場のプロデュース」として、都内3か所でマルシェ事業を展開しております。

その1つ、「ヒルズマルシェ」が2016年10月で8年目に突入しました。

NPO法人農家のこせがれネットワークとして事務局を引き受けさせていただき、

昨年春から弊社(株式会社AgriInnovationDesign)の方に事務局を異動させていただき

当初、出店者の1枠だったところから、途中から事務局業務を担当させていただきました。

(・・・懐かしい、あの頃はまだ相当痩せていた。。。)

 

さてさて、そんなマルシェも今では都内をはじめとして全国各地に広がっており、

あちらこちらで見かけるようになりました。

弊社にとってマルシェは

★ 「地方」と「都市」を結ぶ場

★ 農家にとっての学び場

★ お客様にとっての食を楽しむ場

と捉えています。

元々農林水産省の事業で始まったマルシェ(2009年度事業で全国にて展開された)で、

農業者が都市部で収益を上げる場を作るという目的でした。

マルシェ出店=利益が簡単にあがるとは思っていませんが、

東京というマーケットを知る、都市消費者と相対で商品提供をする

などを行うことで、作物展開や商品開発、販路開拓への学びとしてつながっていけばと思ってます。

もちろん、中には毎週来られて自社の収益の柱の1つとされている方もいますが、

そうなる為には長い時間が必要となります。(継続的に1年程度の出店は必要=リピーターを捕まえる)

 

地方での仕事もさせていただく為、

From 地方 To 東京

を考えている農業者にとって、いきなり営業や進出ではなくこうしたマルシェを活用してほしいと思ってます。

講師を務める、女性農業次世代リーダー育成塾でもヒルズマルシェでの出店を通じて、

BtoCの難しやさ、小売・営業の厳しさなどを実感してもらっています。

もっともっと多くの農家の方に来てもらいたいなとも思っています。

 

また、「小学生のなりたい職業1位を農家に」を標榜する弊社としては、

農家や農業と無縁のお子さんやお母さんが、こうした場で接点をもてることで、

メディアで見る農業や農家とは違う感覚を捉えてもらえればと思いますし

そこで売られている新鮮な農産物や良質な加工品と出会うことで、食事の楽しさが増えてくれればと思います。

近隣住民やオフィスワーカーにとって生活の一部となるようなマルシェを構築することで、

そうした食や農とのつながりを増やしていきたいと思っています。

 

さてさてヒルズマルシェ10周年はどう盛大に展開していこうか・・・わくわくしますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です