60歳以上が年3万人再就職!!

LINEで送る
[`evernote` not found]

農業の新規就農者って少ないですよね・・・

と思われているかもしれませんが
人数だけでいえばそんなに少なくはないんです

H24年の実績では
56,480人
もの農家が新たに誕生しているのです
(※ちなみにその人数を合わせても年間10万人減っていっていますが・・・)

大卒が5万人農家へ?!

とそういう話なら農業の未来も明るいのですが
そうともいえないのです

H24年の56,480人の新規就農者数のうち

就農者数

となっているのです

1年間で新しく農業を始めた方のうち
約半数が60歳以上なのです

一体、ほかのどんな職業がこんな状況になるのでしょうか?

大卒生の就職活動に40年サラリーマンを経験したベテランが同席して
就職先を片っ端からかっさらっていくようなイメージなのでしょうか?!

ちなみに60歳以上の方はほぼ100%が実家の土地を受け継ぐ
つまり農家のこせがれとして戻っている形になります
ですので同じフィールドで新卒者と戦っているわけではもちろんありません

しかし!

彼らは年金生活で実家に戻って家賃もかからず
かつこれまでの蓄えもある方が多いはずです

そしてそうした彼らも農地を耕して生産をして販売をしていきます
その販売先はそれだけで生活を成り立たせようとしている
若手農業者と同じ土俵に乗ってしまいます
これは非常に厳しい戦いを若手農業者には強いられます

そして
先ほどの39歳以下の就農者
15,030人のうち8,160人は農家のこせがれです
一方で
1,540名は
全くの新規で農業を始めた方々になります
彼らは就農直後から経営者としての考えと行動をして
農業で生計を成り立たせていかなくてはなりません
これはやはり容易なことではないです

年間
56,480人のうち1,540名

2.7%

39歳以下という若い年齢で
これまでやったことがない(もちろん経験者もいるとはおもいますが)農業という分野で
勝負をしていこうとしています

60歳以上で実家に戻る方々を否定する気はありません
(但し、色々と区分けはして欲しいですが)

しかし

もし自分の勤めていた会社に
新規雇用で新卒が2.7%しか雇用されず
50%が60歳上だとしたらどう思いますか?

それで活力ある企業として活動し続けるのでしょうか?

新陳代謝が企業にとっても産業にとっても大事だと思います
セカンドライフが農業では
農業側からしてみたら・・・・たまったものではないですね

畑で生産をされるのは
運動としても環境としてもとってもいいことだと思います
ただ、産業としてカウントしたりそれで稼ぎを得ようとしていくのは
若手の芽を積むことになるのではないでしょうか

人が少ない農業界で60歳以上も歓迎するのか
若手がもっと入りやすく第三者継承などを促進していくのか
考えなければいけませんね