239万人?いや、8.6万人ですよ

LINEで送る
[`evernote` not found]

日本に農家は何人いるの?

という話をよく聞きます。
厳密に言うと
農家=戸
という単位であり「人」ではない為
農家が何人
という質問自体がおかしいのですが・・・

といいつつも
これまたやっかいなのが
農林水産省では何をしたいのかしりませんが
農業者のくくりがとても複雑に分かれています

その中でも
一般的に農業者の数を表すときに使われているのが

農業就業人口

となります

この数字ですと
全国の農業従事者数は平成25年で239万人となっています

239万人もいるの?!
と思われる方もいるかもしれませんし
私自身も120万人程度でいいのでは?と思っています。
(その理由についてはまたいずれ・・・)

しかし、
もっと厳密に情報を整理してみていきましょう

1.農業を普段から仕事にしている=基幹的農業従事者
2.経営耕地面積が一定以上=販売農家

という2つのスクリーニングをかけていった時に
今の農業の労働力の実態が見えてくるのかなと思います

さて、その図がこちらですがどうでしょうか?

日本が高齢化社会になっているというのとかなり近いですが
それよりも異常なほど年齢が上にいくにつれ裾野が広がってきています
若手が少ないというのがよくわかってもらえると思います

数字をもっとみていくと
販売農家でかつ基幹的農業従事者
全体数:174万1,800人

となっています

このうち
60歳以上が133万2,900人

全体の76.5%となっています

一般的な企業で定年する年齢が60歳と考えた場合
定年退職前の労働人口と考えると40万8,900人しかいません

さらに
私が普段の活動で一緒に活動をしたり
メインで応援をしている対象で考えている
39歳以下の農家は
わずか、
8万6,000人
しかいないのです!

この分布図は
このまま高齢者が引退したりされていくことはわかりますが
若手農業者はさほど入ってきていません

ここ数年は
農業就業人口だと年間で約10万人純減で推移している傾向です

総所得590万円

100万円以下の売上60%
など
いろいろな数字があるにせよ

これから若い農業者の参入がとてつもなく重要になってくることは間違いない!!

10年後にこの8.6万人が20万、30万という数字になっていかなければ
いくら規模拡大をして農業経営力をしっかり高めることが重要だと
安倍首相がお話をされていても

農業を魅力ある産業として捉えられて希望者が増えるのが先か
なんとか若手農業者を増やして魅力ある産業にしていくのが先か
どちらも重要でありGOALが同じことだとしても
その優先順位の考え方1つでこれからやるべきことが変わってきますね

【用語解説】
●農業就業人口:15歳以上の農家世帯員のうち、調査期日前1年間に農業のみに従事した者又は農業と兼業の双方に従事したが、農業の従事日数の方が多い者
●基幹的農業従事者:農業就業人口のうち、ふだんの主な状態が「仕事が主」の者
●販売農家:経営耕地面積30アール以上又は農産物販売金額が年間50万円以上の農家
●農家:経営耕地面積が10アール以上の農業を営む世帯又は農産物販売金額が年間15万円以上ある世帯