1年間で12.4万人が消失した産業

LINEで送る
[`evernote` not found]

農業界の危機とは一体なんだろうか?

・TPPが締結されて関税撤廃されることなのだろうか

・高齢化が進んでいることだろうか

・耕作放棄地が増えていることだろうか

それよりも
魅力が感じられなくなっているかもしれない
という事実ではないだろうか

農林水産省の統計データが更新された
これによると

平成25年度の農業就業人口は239万人となっている

※「農業就業人口」とは
15歳以上の農家世帯員のうち、調査期日前1年間に農業のみに従事した者
又は農業と兼業の双方に従事したが、農業の従事日数の方が多い者をいう。

ちなみにH24年度では251.4万人いた。
つまり、1年間で12.4万人も減少しているのである。
いきなり?
というわけではもちろんなく、
ここ5年間で合計50.5万人も産業から消失しているのです

もちろん、新規就農している方もいます。
H24年度では5.6万人が就農しています。
(H25年データはまだ記載されていない)

うちわけとしては
・新規自営農業就農者:4.5万人
[農家世帯員で、調査期日前1年間の生活の主な状態が、「学生」から「自営農業への従事が主」になった者及び 「他に雇われて勤務が主」から「自営農業への従事が主」になった者]
・新規雇用者:0.8万人
[調査期日前1年間に新たに法人等に常雇い(年間7か月以上)として雇用されることにより、農業に従事することとなった者]
・新規参入者:0.3万人
[調査期日前1年間に土地や資金を独自に調達(相続・贈与等により親の農地を譲り受けた場合を除く。)し、新たに農業経営を開始した経営の責任者をいう]
となっている。

そのほとんどが実家の農業を継いだことになる。
しかし、この増加人数5.6万人を足しても年間平均10万人減少しているというのが事実である。

参入障壁が高い産業であり
外から見えにくい業界であることは確かではあるが
1年で12.4万人が消えているのは恐ろしい数字です

とはいえ新規で5.6万人参入していると思わるかもしれませんが
39歳以下はそのうち1.5万人でしかありません。
約1500市町村で割り算したら、自治体単位での若手農業者受け入れが10名ずつしかいないのです!

これは見方を変えると
・農業という産業に興味関心が低く、魅力的にうつっていない
・儲かる、仕事として成立するというイメージが湧いていない
という事実があるのではないかと思います。

このままのペースでいけば
2037年には農業就業人口は0名になるのです!

産業の大きな問題は
外から見たときに魅力的にうつっていない!!
という事実だと思います。

農業界だけではこれは解決できません。
もっと外の業界との連携が必要になると思いますし
やらねばいけませんね

詳しくはこちら(農林水産省統計データ)