関心が無い人に魅力を伝えるマジックは?

LINEで送る
[`evernote` not found]

先日、
有名な村上龍氏の書かれた著書「13歳のハローワーク」のWEB
13歳のハローワーク公式サイト
が行っている出張授業というものに社会人アドバイザーとして参加してきました。

お相手は都内の高校1年生
学習授業?的な形で様々な社会人の話を聞いて
彼らの将来設計や人生設計に関して何かしらヒントにしたい
というような感じだと思います。

●真面目に語っていそうな私
s_IMG_5173

初参加だったのですが
今回11名・11職種の中から3名に話を聞きに行く形で進行しているのですが
もちろん皆が希望したわけではなく、という感じで10名が毎回集まって話をしていました。

高校1年生・・・
仕事というのもそんなにピンと来ない
進路もまだ考えるほどではない
ましてや農業・・・?という感じの子どもたちばかり

この状況下で
・仕事についての理解
・高校生活の延長線上の未来
・農業や農業プロデュースという仕事の魅力
を伝えていければなぁ~
と思ってはいたものの、やはり簡単ではなかったです。

●柔道場で車座で目の前でお話をする
s_IMG_5231

まずは興味を持ってもらわねば~!
と、農業によりは自身の仕事や高校時代のことなどを話してました。
「夢なんてなかったよ~」という高校時代を思い出しながら話をしてみたり。。。

でもやっぱり高校時代の話が一番興味示してくれたかな~
女子生徒に「バスケ部時代はポジションどこだったんですか?」
という謎の質問がでたくらいだから(笑)

そうした所から
彼らにもわかってもらえそうな企業名・言葉・イメージできる具体的なものなどを考えながら話をしていきました。

ん~少しでも興味持ってもらえたのかな?
どうやら後日、話を聞いた人の感想シートなるものが届く模様。。。
気分は通知表だね(笑)ドキドキしてしまうよ。

話の中で凹んだのは
ゲーム機は一番最初何?って聞いたら
「プレステ2」
・・・
・・・
それ、俺が最後にやってたゲーム機・・・・orz
悔しいから白黒で折り畳めないゲームボーイの話をしてやったぜ(大人気ないw)

彼らの中には
・自衛隊になって災害救助などしたい!という素敵な学生や
・航空整備士になりたい!
という具体的な夢をもったこもいました。

彼らにとってなにか1つでも残せたのかな?
というと非常に微妙で申し訳ないですが、
私自身は
仕事柄、興味関心が高い人と接することが多いため、そうでない方々に対してどのように興味と関心をもってもらうのか。
という部分では学びが多かったです!
ま、言葉にしてしまえば相手の興味があり、わかる言葉で話していき懐に入るということなんだけど、容易ではないですよね。

●今回の社会人アドバイザーは他にもとても楽しそうな方々がいました~!
s_IMG_5240

今回の11名の職業は
●看護師
●葬送コンサルタント
●音響効果(選曲)
●子ども向けNPO法人職員
●web系営業・起業家
●ゲームデザイナー
●日本舞踊家
●理容師
●鉄道職員
●活動写真弁士
といったメンバーでした。
聞いたことのない職業の方々もおり、あまり話をする時間はなかったですが興味深かったです。

このプログラムに参加してみたい!
と思った社会人の方いましたら連絡ください。
難しい反面、楽しいですよ~♪

・・・高校1年生とすでに14歳も離れていたことにショックが隠しきれませんでした・・・

13歳のハローワーク公式サイト