農業支援で簡単な流通は本当に簡単なのか?

LINEで送る
[`evernote` not found]

活動を始めた頃から、私自身も八百屋や仲卸と関わりを持ってきました

周囲でも農業を応援したい!なにかしたい!といった場合に
関わっている農家さんや好きな農家さんの農産物を
販路拡大や販売応援をしていくことがその応援につがなる
だからそれをまず初めにやってみる
というプレイヤーが多くいます

しかし

農業支援=流通拡大

という図式は正しいのでしょうか?

正しいかどうかという前に
簡単か難しいかという考え方をしてみたいと思います

知っている農家さんの農産物を
直接飲食店や小売店舗に流通をしていく

というのを考えた場合・・・

~POINT~
1.飲食店舗・小売店舗のニーズは確かにある
2.生鮮品は消費期限が短い
3.絶対的に送料からは逃れられない

以上の3つのPOINTを考えていくと
簡単ではありません

1.飲食店舗・小売店舗のニーズは確かにある
 多くのプレイヤーがまず勘違いをするのが、農家や美味しい食材を
 知っている飲食店舗などに話をすると
 「そんなのあるんだ?いいね、扱ってみたい!」
 という声が多く帰ってきます
 そしてビジネスの鉄則通り、ニーズがあるからこれはいけるのでは?
 という勘違いを起こします

 何が勘違いなのでしょうか?
 ・本当に取り扱うニーズ?
  まず調理人としては素材に興味はもっています
  ですのでそういったフレーズを出せば興味はもってくれます
  しかし、興味があるのと買う=使うというのは全く別の理屈になります
  
 ・飲食店舗が扱う野菜の量と種類を把握していない
  飲食店舗が1日で扱う野菜の量ってご存知ですか?
  確かに、どんなメニューにも使われていますので
  1日の量でいったら結構な量になるのではないか?と甘く考えていますね
  そんなことはありません
  大抵のお店で使う量は、きっとみなさんが考えているよりぐっと少ないです

  また種類も問題です
  農家さんは何種類の野菜をつくってますか?
  トマトだけ、ホウレンソウだけでわざわざ飲食店が違うルートから素材を購入する
  というのはよほどの価値がなければ買いません
  (そのうちの1つの価値は下記の3で記載します)

2.生鮮品は消費期限が短い
  農産物は常に逃れられないのが、刻一刻とくる劣化です
  味にも影響しますが農産物は基本的には収穫後から鮮度劣化がしていきます
  ということは食べ頃が収穫した直後の為
  届いて使い始めるまでひたすら鮮度劣化をしているのです

  また、一般流通(5段階市場流通)においては
  小売店舗で陳列する日数を考慮して
  例えば苺は赤くなっていない状態で収穫したり
  トマトは緑で収穫したりもしています
  この状態で送る、届くのが普通に考えている農家・料理店などの場合
  直で流通を組むことがいかに違ってくるかを実感するものです  

3.絶対的に送料からは逃れられない
  1.2の両方に関わってくることですが
  送料という最大のネックがあります
  一般流通(5段階市場流通)の場合は最大ロットで輸送をする為
  送料は1つの個体に対して限りなく安くなりますが
  少量で農家さんから送ってもらった場合
  1箱で場所によっては1,000円近くかかってしまいます
  中身の野菜が1つ100円~200円で10個程度の場合
  送料を合わせただけで倍近い価格になってしまいます
  これではいかにいい野菜でも、飲食店が欲しいといっても、鮮度がいい状態で納品できても・・・
  価格が合わなくなってきます
  
このように
3つのPOINTだけでも難しいことがでてきますが
何より難しいのが利益をだすことです

農家と交渉をして
販路開拓をして
受発注書をおこして
ミスがあれば対応をして

金額が高ければまだ助かりますが
1回2,000円~3,000円の代金でマージンとしてとれる金額なんて
本当にしれています

1人で1億円/年の売上を目標にして
前に進めるぐらいではないかと思います

確かに
農産物の流通は許認可が不要の為
始めることは簡単ではありますが
稼ぎをしっかり生んで
その農業支援でまずは自分が食べていくことは
途方もなく大変なことです

簡単に見えるということは
参入障壁が低いということ
ということはライバルが無数にいます
そして
簡単に見えるということは
それだけ洗練されている可能性がある
ということです

まずやってみたいという思いは大事だと思いますが
様々な方々(農家・流通・店舗・購入者)を巻き込んだら
自分だけひょこっと抜けることは出来ません
いろいろと考えながらやってみましょう